やっぱり高いセラミック治療

億劫な歯医者

歯の詰め物が取れてしまった状態で、歯医者に行くのも億劫がっていたらついに歯が半分欠けてしまいました。仕方なく歯医者へ通うことに。金属アレルギーの私は金属を使わない治療法をお願いしたのですが、そうなると私の歯の状態ではセラミックを被せるしかありませんでした。もちろん、インプラントなどお金を惜しまなければ他にも方法は色々ありましたが一番安価な治療法がセラミックとプラスチックを掛け合わせたハイブリッドセラミックというものを被せるという治療法。安価と言っても保険適用外の自費治療となるため値段は4万円ほど…。専業主婦の自分に取ってはとても痛い出費となってしまいました。詰め物が取れた時点ですぐ通院していれば金属を使えないという制約があっても、もっとお金のかからない方法があったのかもしれませんが。型を取って被せるまでの通院回数も馬鹿にならなく、小さい子供がいる身としてはなかなかキツイものがありました。

早めの治療が必須

早めの対処が賢明だったのだと身に染みた歯科通いでしたが、それから2年。4万円の被せ物はあっけなく取れてしまい、今まさに歯医者に行かなければならない状態なのですが、4万円(もしくはそれ以上)かかるかと思うとまたもや躊躇してしまっている私です…。中学生くらいのころには、目の下にしわができ始め、クマができてきました。年を重ねるごとにしわは深くなっていき、クマが目立つようになりました。美容液を塗ったり、睡眠時間を確保するようにしたりと、できる限りのことは試してみましたが、全く改善される様子もなく、どうにか方法はないかと悩んでいました。そんな中、インターネットで見つけたのが、ヒアルロン酸注入でした。顔に異物をいれることに抵抗はありましたが、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のため、より安全に使用できるということを知り、試してみることにしました。施術前には、クリニックのカウンセラーさんが、ヒアルロン酸を打つ箇所に痛み止めのシールを貼ってくれました。そのシールの効果がでるまで30分程度かかるということで、その間は雑誌を読んだり、リラックスしながら待機しました。待っている間も、不安と期待が入り混じってドキドキしていました。いざ注射となると、痛み止めは表面しか効果がないので、痛みはありました。しかし、針が細いので我慢できる程度の痛みでした。しばらく顔を冷やして、お支払いをしてクリニックを後にしました。ゆっくり鏡を見てみると、気になっていた目の下のしわとくぼみが改善され、顔の印象がかなり明るく見えるようになっていました。ヒアルロン酸は吸収されるので、時間とともになくなってしまいますが、こんなに変わるなら、またやりたいと思います。
クリニックラボクリニックの教科書病院の教科書医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院ネット医療ナビ